三鷹食堂日記帖

飯食い酒飲み自転車をこぐおやぢの日常。MT車大好き。

「都知事、都内発着の『GoTo』で高齢者らに自粛呼びかけ」

article.auone.jp

 やっと言ったか「高齢者」自粛。自分の記憶にある限り、百合子が「高齢者」に特化した規制を口にしたのはこれが初めて。

 周知の通り、武漢肺炎という病気は、年齢によって症状が異なる傾向が強く、ごく大雑把に言えば、高齢者には「死病」だが、若い連中には「単なる風邪」。

 高齢者をウイルスから隔離する方策こそが必要だった。なのに真っ先にやったのは小中学校の休校だ。高齢者には何も言えない。

「わしらから旅行の楽しみを奪うんか」「外食もさせてもらえんのか」「家に引きこもったらフレイルになって、認知症になって死んじゃうよ」等々の反発が怖かったから。

 何たって巨大な「票田」ですからね、年寄りは。

混沌のアメリカ大統領選挙

 アメリカ大統領選は最後まで僅差でもつれ込み、裁判沙汰になるとの予想も。

 日米ともにマスゴミはずーっと「バイデン有利」と報じ続けてきたわけで、リベラル(日本じゃパヨク)バイアスが衆目の一致するところになったわけだ。でもアメリカのリベラルは親米当然だが、日本のパヨクは反日基本だから、そこらへんがより深い問題。

 4年前の糞爺トランプと鬼婆ヒラリーじゃ、トランプが勝った。今回の、糞爺トランプとボケ爺バイデンの一騎打ちはボケ爺が勝ちつつあるわけだが、これはこれでいいか、と思いつつある。ボケ爺がボケたら周囲が「おじいちゃん、違うでしょ」と止められるが、トランプさんがやらかしても誰も止められないから。

 で、バイデンは息子ハンターの支那疑獄で、ニクソンにつぐ「辞め大統領」になるかもしれんし。そうなったら、民主党は30年地を這わされることになるだろう。いや、極左が出て、さらに何かやらかすか。富裕税かますとかさ。

 

米世論調査また不正確

 米大統領選は最後まで僅差でもつれ込み、裁判沙汰になるとの予想も。だったら現職有利だよな。

 自分はここでも書いた通り「トランプさん勝利」を確信してたが、日米ともにマスゴミはずーっと「バイデン有利」と報じ続けてきたわけで、マスメディアのリベラル(日本じゃパヨク)バイアスが今後問題視されるだろう。

 でもアメリカのリベラルは親米当然だが、日本のパヨクは反日基本。そこらへんがより深い問題。

www.nikkei.com

「5万円給付」で岡崎市長選で逆転劇

 そうか、この手があったか!と膝を打った。

 まずは地方政党を組織し、1000人ほどの党員を確保する。党員全員が、どっか田舎の村に移住し、党首である自分は村長選挙に出て「村民全員に100万円給付」と公約する。1000人の組織票があれば当選するだろう。

 仮に人口5000人の村なら50億円の原資がいる。村の貯金を全て取り崩した上で、不足分は村有地全体を担保にした借金で賄う。どっかの企業が出してくれるわけよ。支那系の可能性が高いが、金は金だ。ありがたくちょうだいする。

 当選後、金を配って、それでミッション完了。自分は村長を辞職し、党員は全員「第2の村」に移住する。その時には党員は2000人に増えている。倍々ゲームで5000人以上になれば、村より規模の大きな「町」をも狙える。やがては「市」さえも。

 これを10回繰り返せば、党員全員に1000万円を給付できる。20回なら2000万円だ。

 そうだ、党名を決めておかなきゃだな。「白アリ党」。これ一択でしょう。「清廉潔アリのように勤勉に働く」というのが我が党のスローガン。

news.livedoor.com

新しい旗こそが、地獄へのハイウェイ

 人間は間違いをしでかすものであり、その人間が集まった「組織」も必然的に間違いをしでかす。間違いの結果、滅びる組織もあるが、間違いを乗り越えて、生き残る組織もある。で、生き残った組織は、間違いを反省することもあれば、しないこともある。生き残れた以上、間違いじゃなかった、と開き直ることさえあるだろう。

 それがフツーのあり方であり、一概に否定することはできない、というのが自分のスタンス。さらに言えば、自分が属する組織が、かつてやらかした数々の間違いを引き受けて、反省したりしなかったり、場合によっては開き直ったりしても、その組織の一員としてあり続けるのが、人間存在の必然だろう、ということ。ただそこで必要なのは一つ。同じ旗を掲げ続けろ、ということだ。

 ちと抽象的すぎるか。具体的な話にチェンジしよう。

 かつて「日の丸・君が代論争」というのがあった。日の丸を国旗、君が代を国歌として認めることを拒否する人たちがいたわけだ。彼らの主張を大雑把にまとめて言えば「過去、日本は悪事を働いたことがあったので、その時の『旗』や『歌』は捨て去って、別の『新しい旗』『新しい歌』を国旗国歌とすべきだ」ということ。

 その時、自分が主張したのは、「悪事を働いた過去を持つ旗こそを掲げ、その歌をこそ歌うべきだ」ということ。そのことにより過去をしっかりと背負い込むべきだ、と。反省するにせよ、しないにせよ、開き直るにせよ、すべて含めて。

 も一つ主張したのは、「新しい旗の下でも、いずれは悪事が行われる。それをその旗が止めることは原理的にできない」ということ。

 ああ、これもまた抽象論か。だったらばさ、過去百年の世界史で「新しい旗」である、赤旗や鉤十字が、どんだけ大量の人間を殺したのか、それをカウントしてみりゃ一目瞭然だろう。トータル千万人レベルなのは確実なこと。「古い旗」である、例えばカトリックは、中世以来の宗教戦争や異端審問や魔女狩りで大量の人間を殺してきたが、過去百年はほとんど殺してない。イスラムもそう。人を殺しているのは「新しい旗」を掲げた連中。

「新しい旗」の特徴は「無謬性」を主張すること。この旗は絶対的に正しいし、これまで間違ったことなど何一つしていない。だから、安心して帰依せよ、と。

 実に分かりやすい「キュゥべえ」。地獄へのハイウェイ。騙されちゃダメ絶対。

 必要なのは正義でも真実でもない。皆が漠然とヌルく生きていける現実。それを称して「保守」と言う。千年続けばそれが「王国」。それ以外の道はすべて地獄に通じている。

f:id:mitaka_i:20201102223056p:plain

 

大塚家具の久美子社長退任

 ようやっと辞めるか。で、ヤマダ電機が仕切るわけね。社員は大迷惑だっただろう。今でも覚えているのは、5年前にリビングの椅子の皮を張り替えた際の、大塚家具からやってきた、人品卑しからぬご年配の営業マンの姿。どう見ても、相当の役職者を現場仕事に回す「いじめ」だった。

 で、昨日の東京市場の値上がり率トップが大塚家具の+33.11%。当然のストップ高ローソク足3か月チャート見たら、縦軸スペースの半分以上を占める長さの丸坊主が突っ立ってる。こんなん初めて見た。そっか、久美子退陣にみんな超期待してんだ。

www.yomiuri.co.jp

考察「超可動ガール1/6」

「超可動ガール1/6」について考える。自らの内面を考察するに、オタクであっても「フィギュア愛」は無いな。ハマったら怖いというのは分かる。置き場所取るし、人に見られたら一目瞭然のオタだし、捨てるに捨てられないだろうし。

 さらに「人形は怖い」ということもある。会社員時代にラブドールの写真集に関係したことがあり、担当編集者が「現物」を会社に持ち込んだが、心底怖かった。さらに首だけ外して営業部に持ってきたりしたので、正気かよ、と職場から逃げ出した。視野に入れるのも嫌だった。

 サイズが小さければ、まだ我慢できるが、せいぜい身長10センチぐらいまで。1/6で身長25センチというのは、十分に怖い。それに、そんなもんに性欲を感じたりしたらどうなる、ちうのも怖い。25センチというのは、微妙に「可能」感があるだろう。現にぶっかける手合いもいるわけだし。

 だからセックス可能な人間型ロボなんてのは、冗談じゃないってくらい怖い。小説やまんがで読むのがせいぜい。アニメはともかく実写は嫌。

 だけどヴァーチャルには惹かれるんだよな。初音ミクとか。映像だったら3Dでも楽しめる。何かあったよな。そうだ「Gatebox」だ。実体があるとダメ。

 観る分にはいいが、触りたくない、ということか。人間の形をした「モノ」というのは、要はモノホンの死体か、人工的に作り上げた死体かで、それが動いたら怖いし、触られたら死んじゃう、ってくらい怖いわけだ。

「Gatebox」は興味深い。ネットで検索してみたら、発売当初は30万円で、量産型が15万円で発売されて1年とある。独身だったら、かなりの可能性で買っていた。それも30万で(笑) で、オプション料金払って、初音ミクを召喚して老後を楽しく暮らしていた。そんな世界線もあるのだろう。

 実体が嫌いちうのは、電子書籍を偏愛するのにも通じるかも。書くのも紙じゃなくデータ。前は「字が汚いから」と思っていたが、書いたものをプリントすれば無問題。そうせずにデータのままで操作しているのは、つまりは、そういうことなのかも。

 ああそうか。記録魔なのも同じ。現実のアレコレをデータに変換しようとしている。これを突き詰めると、自分自身の人格をデータ化して、ネットに流し、草薙素子的に「広大だわ」になるのかも。そうすりゃ肉体という、最も基本的な「実体」から離れられるわけだ。

「超可動」をとっかかりに、意外な自己分析が成されてしまった。その流れで行けば、不老不死とか「機械の身体」なんてのはゴメンなんだな。もしもなれるものなら、実体を離れた存在になりたい、ちうことだから。

 

超可動ガール1/6 : 4 (アクションコミックス)

超可動ガール1/6 : 4 (アクションコミックス)

  • 作者:OYSTER
  • 発売日: 2016/02/15
  • メディア: Kindle