三鷹食堂日記帖

飯食い酒飲み自転車をこぐおやぢの日常。MT車大好き。

数学と大学受験と

 数学と言えば思い出すのが、高校時代の生物部部長で、東大理1に現役合格したYだ。こいつはホント数学も物理も秀才だった。将棋も麻雀もメチャ強かった。こういう出来杉君がすぐそばにいたのに、どうして自分は「のび太」だったんだろう? いや違う。「絶対勝てない奴がいる」と分かったから、正攻法は捨て、邪道で裏道から「大学受験」を攻略しようと思うに至ったんだ。

 微分積分を再勉強して改めて気づいたのは、高校生の自分がやってたのは公式を丸覚えして機械的に解くという、それだけのこと。微分の「エックス3乗→3エックス2乗」的に。だから練習問題はスイスイ解けたが、応用問題になると丸出だめ夫。当然だろう。基礎である「仕組み」をちゃんと理解せずに、マックジョブ的作業を繰り返してただけなんだから。三角関数もそうだった。そもそも何でこんなもんが必要なのか理解していない。単に公式を丸覚えするだけ。

 そんなんじゃ出来たことにはなんないんだ、と思い知らされたのは、隣りにYがいたから。あいつは当然ながら完全に理解してた。通信教育z会の超絶ワケワカメの応用問題もスイスイ解いて、月報の得点番付に毎回ペンネーム(当時仲間内で流行ってた少女まんがのキャラ名だった)が掲載されてた。

 自分にゃ無理、と思い知ったので、戦線を高校1年生レベルの数1まで後退させた。で、それで攻略可能な「早稲田一文」をピンポで攻略した。現在はどうか知らんが、当時の「一文」の合格判定をゲットするには、けっこうな偏差値が必要で、自分は確実にそれ以下だった。英国社の3教科受験で、それぞれ65くらいだったっけ。自分は国語は勉強せずとも何とかなったが、英語は必死こいてギリギリだった。社会は歴史も地理も興味が持てずに、ろくに勉強していなかった。「室町時代って鎌倉時代の後だっけ? 戦国時代は? 源氏と平家が戦ってたよな」とまあ、そんなレベル。

 でも「一文」はなぜか知らんが、数1で社会を代替可能だった。赤本を見る限り、ごく基本的な問題ばかりで、ほぼ確実に満点を取れると分かった。「これならいける」と判断した。満点なら偏差値70以上。だったらそれで英語のハンデを補えるだろう、と。

 無謀だったのは「滑り止め」皆無だったこと。私立文系で社会の代わりに数Ⅰで受けられるなんてのは、同じ早稲田の政経しかなかった。その政経も試しに受けてみたが落ちた。一文ほど易しい問題じゃなかったから当然だろう。で、2個しか受けなかった1個に受かって、まんまと大学受験を突破した。

 なんで第一志望が文学部? と100人中99人に怪しまれたが、アレですよ。五木寛之とか、寺山修司とかにハマってたのですよ。田舎の高校生にありがちなこと。要は「キュゥベイに騙されてた」状態だったわけ。

「理系」が基本

 数学についてあらためて考える。高校で習った数Ⅰの基本以上は分かってない。微分積分三角関数もダメ。小学校の算数については、こどもの中学受験に付き合ったおかげで、そこそこ深められた。でも開成を筆頭に、難関校の問題にはまったく歯が立たなかった。そんな程度。

 理科の延長で、電験3種の勉強を始めてみたが、「交流」で挫折した。三角関数積分が必要で、正直、まったく理解不能だった。工業高校出の連中がポンポン受かるってのは、凄いことなのだ、と思い知った。単に公式を丸暗記するだけでも、やれるだけ偉いし、電気関係の実作業を通じて感覚的にフォローしてくんだろうと想像した。誰かがネットで書いてたな。回転する電極の先端から噴出する火花がぐるぐると渦を巻いて、とか。数式+イメージで、初めて理解できるんだと思う。

 工業高校も含めて「理系」が基本、と思う。「文系」は、微積分で数学を挫折した手合いで、受験科目に数学が必須の国立大出はともかく、「私立文系」は「低能」と同義である、と。そんな低能でも、イッパシの社会人として生きていけるのが、現在社会の有り難さだが、蹉跌はそこかしこにある。ファイナンスもそうだし、ごく単純な複利計算にしてもそう。分からなかったら、分かる人間のカモにされる。まさに赤子の手をひねるよりも簡単に。

 微積分の前に関数か。関数の概念が理解できないなら、Excelは使えない。ブラックボックスとして「入力作業」をするだけ。ああ、そうか。ここがマックジョブと「それ以上」の壁なんだ。システムに対して、マニュアルに忠実に「作業」するのがマックジョブ。システムを理解し、使い勝手がいいようにいじれるのが「それ以上」。自分自身、「それ以上」だったと思いたいが、大したレベルじゃなかった。それもしっかりと自覚してる。

 さらにそれ以前に算数すなわち算術。これが身についていないと「旧石器時代」の感覚に基づく行動しかできない。朝三暮四的な。株取引で損切りができないのも一緒。宝くじを買うのも(笑) ソロバン=損得勘定が基本に無ければ、必然的に「カモ」となる。

 逆に、誰かを「カモ」にしようとしたら、真っ先にするのは、ソロバンを取り上げること。「お金の問題じゃ無いよね」と説得する。いえいえ、99%は「お金の問題」ですよ。生き死にも含めて。それも自分自身の。そのあたりについては、サンデル先生の本を読めばいい。その上で「覚悟完了」すれば、もう何も怖くない。

シーラ・ナ・ギグ

「シーラ・ナ・ギグ」(Sheela na Gig,Seila na Gig)なるものを初めて知る。ヴァギナを大げさに示した裸体彫刻で、古い時代のイギリス、アイルランドの教会、城、その他の建築にみられる。ケルトの伝統に繋がる呪術的なもの。

 それが、アイルランドフェミニストによって担ぎ出さた。3月8日の国際女性デーを記念して、ダブリンでは、陰唇に22カラットのゴールドをあしらい、膣口に美しい釉薬をほどこしたシーラ像が、ゲリラ的に設置された、と。(「クーリエ・ジャポン」)

【画像】 「裸でしゃがみ込み、女性器を手で広げて見せる」シーラ・ナ・ギグ像の謎 | クーリエ・ジャポン (courrier.jp)

 平塚らいてうの「元始、女性は太陽であった」もそうだが、フェミニズムにおいては、古代(ヨーロッパじゃ十字教以前)のカルトがしばしば掘り起こされ、担ぎ出される。それはしかし、エロスと生殖のシンボルとしての「女/母」であり、近代フェミとは真逆のベクトルなのではなかろうか。近代フェミの実像は、中世の修道院であり、ただし、ジーザス以下、神も天使も聖人も全員去勢され、女性に置き換えられている。その修道院の寒々としたドグマこそが近代フェミニズム。古代の豊穣の真逆だ。

腰痛は「天の声」

 新ノートPC導入でプログラミングのお勉強を始めたのはいいが、「不適切な姿勢」で3日ほど作業に集中した結果、腰を痛めた。5年ぶりくらいに整体院に行き、あれこれお説教されつつ、治療しているここ数日。酒? 飲めるわけないじゃん。

 2年半以上筋トレを続けて、そこそこ筋肉がついた自分のガタイを過信してた。どんだけ筋肉量があり、自転車やプールで運動してたとしても、「不適切な姿勢」は毒針のように腰を害する。屈強な勇者をも倒す、まさしく「魔女の一撃」。

 断酒で冴え切った頭で十二分に反省しつつ、自宅のPC環境をイチから見直すこととする。ノートPCの問題は、ディスプレイとキーボードが一体化していて、腕とキーボードの位置関係と、目とディスプレイの位置関係が両立しないこと。

 ジャンク置き場から、埃まみれの「トラベルキーボード」を引っ張り出してきて、ノートPCに接続する。それで、本来のキーボードよりも40cmほど距離をおいてみる。うむ、これで目とディスプレイの位置がぴったりだ。要は老眼が進んでるっていうこと? しょうがねえなあ、爺はよお。

 毒づきながら、粛々とあれこれをこなしていく。と、整体の予約時間だ。行かにゃ。

東京五輪中止が分水嶺

 その前準備として、飲食店をいじめて都民の不満を増大させているんでしょう。

「だったらオリンピック中止しろよ」とのパンピーの声が最高潮になったところで、百合子は中止を提案して、同時に都知事を辞任する。そしてパンピーの声に乗っかって、国政に打って出る、と。

 百合子の都民ファ衆院総選挙で維新クラスの議席を獲得すれば、与党の連立組み換えで公明に代わって、与党に成り上がれる。あるいは維新と連携して。

 その自維都連立政権において、パンピー人気を追い風に「日本初の女性首相」をゲットする。それが百合子の野心。

 十分にあり得ること。つか、逆に「確実にひっくり返せるファクター」が見当たらない。「五輪中止&都知事辞任」で、百合子が一躍「超人気政治家」になる。ここまでは確実。その時点での政権支持率だろう。つまりは菅さん支持率。十分に高ければともかく、不安定なら百合子がのし上がるチャンスだ。

六十一歳のプログラミング

 プログラミングを再度学び始めるというのは、良い思い付きだったかもしれん。晩年の「芸事」として、ナンプレよか数段上等。ネットの「教授」も最初は無料。有料になっても月1000円ちょいだし。昔とは比べもんにならないほどハイパワーになってるイマドキのPCに、何かさせてみる、という体験は、意外なところへの「水路」となるかも。

 一つ思い出した。20年以上前のこと。自分がHTMLでイッパイイッパイだったのに、担当してた某少女まんが家は、パールだったかc言語だったかを使って、自分のサイトを組んでたんだ。アンケートも取れるようになってた。スゲーと思った。でも、今なら軽くそのレベルを越えられる…はず。

 その前に「確認」なのだが、数学的知識はさほど必要ないんだよね? 電検3種は「交流」で挫折した。微積分と三角関数必須だったから。

 そんで「progate」を始めてみた。動画よりパネルの方が自分としては分かりやすい。とりあえず無料分全部やってみるか。

 と、ここで肝に銘じておくこと。「稼ごう」なんて絶対に思うな。トーシロに毛が1本2本生えた程度のプログラマーなぞ、ウーバーイーツ以下の最低の賃労働であるのは確実。そんなんに手を染めるのは人生の無駄。アーマチュアに徹する。ラノベ書きと同じ。

さらに回顧する

「マシン史」キッカケに、後ろ向きに物思う日々が続いている。8ビットのキカイをあれこれ工夫して活用しようとしたのは楽しい体験でもあった。ワードバンクノートを携帯して外出先で文章を作成したり、パソ通の時代に電話+カプラで通信を試みたり。インターネットで何でもできる現在は、逆にツマラン時代なのかも。もちろん自分が年取ったことも含めて、だが。

 PCにおける自分の最大目的は「文章作成」だが、8ビット時代の文章作成力と、マシン性能が数万倍になった現在の文章作成力とを比較すれば、マシにはなっているが、キカイの性能向上ペースにはとてもとても追いついていない。当たり前だが。

攻殻」のように電脳と自然脳がサイバネ的にリンクすれば、千倍万倍のスピードで考え、書くことができるようになるのだろうか? アルツで萎縮していく脳を電脳が補完することが可能になれば、認知症も怖くはなくなる。自分世代はとうてい間に合わんだろうけどね。

 新ノートPC導入を機会に、何か新しいことを一つ始めてみようか。プログラミングなんてどうだろう?